home > 書籍紹介 > プライマリ・ケア 外来診断目利き術50…

Books
書籍紹介

tekisai
プライマリ・ケア 外来診断目利き術50イメージ

プライマリ・ケア 外来診断目利き術50

監修:中西重清・徳田安春 編集 板金 広・上田剛士 

開業医のための「内科外来診断の指南書」です。

適々斎塾の塾生と講師による執筆の外来診療のバイブル。

内科開業医の外来診療は短時間で診断をつけ,見逃してはならない疾患を拾い上げる必要がある。また予防医学やがん検診などのヘルスメンテナンスまで守備範囲は広い。本書ではよく遭遇する50症候を取り上げ,見開き2頁でベテラン医師の思考プロセスを可視化し,忙しい外来診療でも“パッと開いて見てすぐに役に立つ”情報を簡潔にまとめた。(南山堂HPより)

50症候が見開き2ページに簡潔にまとめられている。各テーマごとに冒頭に症例が提示され、鑑別診断の一覧表があり、目から鱗の役立つ情報が満載。これさえあれば、臨床の達人に近づける書籍。

プライマリ・ケア 外来診断目利き術50